2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

砂の女

kage

2016/07/02 (Sat)

ちらしに、
『砂の女』
を、上映するとあったので、
川崎市民ミュージアムに行って参りました。

20160702-1.png

団塊世代が若い頃、この映画の原作者、阿部公房がすごく流行り、読み漁ったそうです。
『砂の女』はちょっとエッチな感じが良かったのでしょうか。
当時はエッチと言う単語ではなく、どんな単語で表現したのでしょうか。

原作の『砂の女』は、将棋の羽生名人が愛読書にしていたので
興味があって、読んだのが最初。
そこまで書いてよいのかという位の描写と、
人間の本心の葛藤を描いたというか、
人生そのものをアリジゴクに模している。

映画は、原作ほどしつこさはなかったが、
岸田今日子が怪しい女を演じ、
映像で雰囲気を表現しており、
手足に力が入る。

しんしんはバンカーに入ってリアル砂の男である



こちらをポチっとして頂けますと、
ランキングに反映されますので、宜しくお願いします。
↓↓↓

にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ 


関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

リンク

kage

このブログをリンクに追加する