しんしんの日記

しんしんのゴルフ人生を語った戯言である。  with Honda FIT3       Since Sep. 7th 2005
しんしんの日記 TOP  >  歴史 >  伊能忠敬

伊能忠敬

伊能忠敬 が、歩いて測量して日本地図を書いたことを小学生の時、習いましたよね。

なんであの歳で、やろうと思ったのか不思議に思っていたが、
先日テレビでの番組の録画を見た。

冒頭で、
近年、忠敬が描いた地図で不明になっていた4枚の全てが発見された。
その4枚のうち、1枚の場所がしんしんの田舎の辺りで、その地図が画面に映し出される。
かなり正確である。ちょっと感動した

元々、伊能忠敬は、天文学が好きで、隠居して幕府の天文学研究所に弟子入りした。
(天文学研究所は、正確な暦を作るために創設された。元々、暦は中国から輸入することが多かったが、独自の暦が必要だった。)

天文学の延長から、地球は丸いことは分かっていたが、大きさが分からなかった。
それで独自に、天文学研究所と自宅の間の距離と、緯度を測定し、地球の円周を算出した。

師匠に説明するが、
許可無く地理を測定することは禁止されているとのこと、
だが、師匠は偉かった。もっと、分子を大きくすれば正確に計算できる。
丁度そのころ、ロシア船が北海道に来ており、脅威となっていたが、対策する術がなかった。
幕府に申し出て、北海道の海岸線を測量する許可が出た。
そのついでに、地球の円周を計算した。
4万キロ弱、かなり正確である。

その正確な地図を見た幕府は、東日本の海岸線を測量するよう命令を出す。
これまた、正確なものが出来上がり、次は西日本となる。
その頃には、国家事業となり、忠敬も有名人になっていた。

そして、しんしんの田舎での、測量する風景画が紹介される。
懐かしい絵であった。感動した。

その後、シーボルト事件で、この地図が海外に持ち出されるわけだが、その頃、外国勢力は、グローバルスタンダードのイギリスの地図と同程度の正確な地図を見て、優秀な技術を持つ日本を植民地にすることは不可能とし、貿易国として考えるようになった。

番組のコメンテーターは、磯田道史さん。
この人は、実際に残っている資料を読んで確認したのだろう。
最近、磯田道史さんにはまっている。



↓↓↓ 首位を転落しました。またポチっとお願いします。

にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ


↓↓↓ 首位を転落しました。またポチっとお願いします。

人気ブログランキングへ

関連記事
[ 2012年10月06日 09:01 ] 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

しんしん

しんしん
 
座右の銘 玲瓏(れいろう)
透き通り、曇りのないさま。
澄み切っている状態でプレーする。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリー

openclose


記事を更新したお友達

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ゴルフブログへ
にほんブログ村 車ブログ ホンダ(車)へ にほんブログ村 ゴルフブログ 競技ゴルファーへ
リンク